2022.10.28

振袖の半襟にはどんな種類があるの? 成人式の振袖コーディネートを楽しもう!

 

 

皆様こんにちは!

大分県にある大型振袖専門店【なかの座パークプレイス店】のスタッフTです。

 

日増しに秋が深まり、朝夕は肌寒さを感じられることも多くなりましたが、お元気に過ごされていますでしょうか?

 

先日、来店されたお客様から「半襟ってどんな種類があるのですか?」というご質問をいただきました。

 

皆様は着物の「半襟」をご存知でしょうか?

「半襟って何?」

「知らなかった!」

という方が多いかもしれません。

 

そこで、今回は「半襟とは何か」を知っていただけるよう、振袖の半襟についてまとめてみました。

 

半襟の種類や振袖との合わせ方についてもご紹介します!

 

振袖を選ぶ際に、半襟にもこだわっておしゃれにコーディネートを楽しめるようご参考になれば嬉しいです。

 

是非最後までチェックしてください!

 

 

⇒来店される時にはこちらの記事【お店に行くまでのよくある質問】も参考にしてみてください

 

 

そもそも半襟とは何?

 

半襟とは、着物の下に着用する長襦袢の首元に近い襟に付ける、替え襟のことです。

 

長襦袢は和装肌着を着た上に着るもので、洋服でいうとインナーのようなイメージです。

長襦袢を着ることで、着物に汚れが付くことを防ぐ役割があります。

 

その長襦袢に地襟という襟が付いていますが、汚れた時に襟だけを取り替えられるように付けるものが、半襟です。

 

襟元は汗やファンデーションなどで汚れやすいので、着物を一度着るごとに取り替えるのが一般的です。

 

着物の襟の半分の長さであることから『半襟』といわれます。

 

半襟は汚れを防ぐために付けるものですが、

華やかな柄の半襟がデザインされるようになり、着物のおしゃれを楽しむ一つのアイテムになったのです。

 

特に成人式で着る振袖の半襟は、コーディネートの大切な一部になっています。

 

 

 

半襟にはどんな種類があるの?

 

半襟には白の半襟や色の半襟、刺繍が入った半襟などがあり、色や刺繍の柄は無数にあります。

 

白色やさりげない刺繍は留袖や訪問着、振袖などフォーマルな着物に使用され、色ものや柄のある半襟はカジュアルな着物に合わせることが一般的でした。

 

しかし近年では、成人式の振袖でも華やかでインパクトのある半襟を使用する傾向にあります。

 

無地の半襟と刺繍の半襟を比べると、豪華な刺繍の半襟のほうが高額になりますが、半襟をこだわることで襟元が華やかになり、振袖姿がより一層美しくなります。

 

 

振袖と半襟の色や柄の相性は?

振袖と半襟の組み合わせを3つご紹介します!

 

 

①華やかな色味の振袖✕白系の上品な半襟

 

HATACHI No.1811

 

 

赤や紫など濃い色味の振袖には、白やピンクの淡い色の半襟が相性バッチリです!

 

また、さりげない刺繍が入った半襟を合わせると、華やかさの中にも優しいイメージになります。

 

 

 

②深みのある濃い色の振袖✕挿し色の刺繍半襟

 

Coffret CF-105

 

紺や緑など深みのある色の振袖には、対照的なオレンジやエンジ色の刺繍半襟が合います!

 

対照的な色合いだと合わないように思われるかもしれないですが、半襟がアクセントになり、オシャレ上級者のコーディネートになります。

 

クラシカルやレトロポップな雰囲気にしたい場合にはおすすめです!

 

 

 

③ニュアンスカラー振袖✕同系色の半襟

 

マミネット-ピュルテ-×Kanon MKF-308

 

ピンクや水色のパステルカラーやくすみカラーの振袖には、同系色の淡い色味の半襟が相性抜群です。

 

振袖と半襟の色味や柄、全体的なトーンを合わせることで、ふんわり上品なイメージになります!

 

振袖に半襟が溶け込むので、とてもバランスの良いコーディネートでおしゃれ上級者に!

 

 

⇒こちらの記事も参考にしてください【スタッフおすすめのコーディネート】⇒

 

 

 

振袖と半襟のコーディネートをご紹介!

 

帯の柄に合わせたストライプの半襟

 

 

深緑の振袖に対して、モノトーン風でモダンなストライプの帯に合わせ、半襟も同じ色合い・柄で合わせることで、統一感があります。

 

また振袖全体を見るとグラデーションになっており、裾の白っぽい色と半襟の白と銀色がバランス良く感じるコーディネートです!

 

 

着物の桜柄に合わせたピンク色の刺繍半襟

 

 

桜の柄が印象的な振袖に、濃いピンクの半襟を合わせたコーディネートです。

 

振袖の地色は茶色と珍しい色ですが、桜の柄にピンク色が入っているため、半襟のピンクがより華やかに際立って見えます。

 

半襟に蝶の刺繍が入っているところがおすすめで、首元がとても豪華な印象です。

 

華々しい成人式に映えること間違いなしです!

 

 

白地の振袖と調和する白の刺繍半

 

白地に優しいタッチで梅が描かれた振袖に、珍しいデザインの帯を合わせた個性的なコーディネートです。バランスをとって、半襟は主張しすぎないよう白でまとめています。

 

一見シンプルですが、白い糸でさりげなく刺繍された梅の花が首元を明るく華やかにしてくれます!

 

全体的に色味が少ない印象ですが、振袖、帯、半襟それぞれの良さが引き立つコーディネートになっています!

 

⇒なかの座のインスタグラムも是非チェックしてみてください⇒ @nakanoza_parkplace

 

 

成人式の振袖は半襟選びも楽しんでおしゃれな着こなしに!

 

今回ご紹介した半襟はほんの一部で、他にもさまざまな種類があり、振袖とのコーディネートは無限大です!

 

半襟は襟元から少ししか見えないですが、顔周りを明るくするアイテムでもあります。

 

同じ着物でも半襟が違うだけで、雰囲気が変わり、さまざまな演出をしてくれます。

 

上品なイメージや華やかな印象、クールに大人っぽく!など、お客様のなりたいイメージを

膨らませてみてください。

 

お客様のイメージに合う半襟選びと、振袖とのコーディネートをさせていただきます。

お嬢様の大切な成人式ですので、半襟にもこだわりコーディネートを楽しんでみてください。

 

⇒ママ振袖をお考えの方はこちらの記事も参考にしてみてください⇒

 

 

***

なかの座パークプレイス店は、大分県大分市パークプレイス大分のモール内にある大型振袖専門店です。

 

大分市だけでなく、多くのお客様にご愛顧いただいております。

 

是非、なかの座パークプレイス店へ足をお運びください。

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

新型コロナウイルス対策について

なかの座では、新型コロナウイルス感染予防対策として、スタッフ全員がマスク着用でのご対応、店内の空気清浄、オゾンによる除菌消臭を実施しております。

 

安心してご来店ください。

 

※ご来店予約は週末が混み合います。

週末のご来店を予定されているお客様は、お早めのご予約をおすすめいたします。

LINEで送る
Pocket

このページの先頭へ